有限会社安部商店ジンギスカンといえば、10人に聞けばほぼ10人「北海道!」と答えるでしょうが、
実は北海道以外でもジンギスカンが盛んに食べられている地域が有るのを御存知でしょうか?

岩手県遠野市では、ジンギスカンが盛んに食べられており、一人当たりの羊肉消費量が北海道と1.2を争うほどです。
何でこの地域だけ盛んに食べられているのか?不思議ですね。

ジンギスカンと言えば、独特の形をした鍋で焼くのが特徴です。
最近はアルミの使い捨て鍋が北海道でよく売られており、花見やちょっとした集まりで使われておりますが、
もともとは分厚い鉄器の鍋を使っておりました。重厚な鉄器といえば、そう、南部鉄器ですよ。
ジンギスカン鍋を作る地域だから、岩手県遠野市ではジンギスカンが盛んに食べられているんでしょうかね?
(追記:ちょっと調べてみましたら、あんまり関係がないようでした(笑)満州から引き上げてきた方が独自に地域で広めたようですね⇒参考ジンギスカン

タレの味も、北海道ではりんごやニンニクを摩り下ろして入れた甘めのタレに、道北道東では「漬け込み」、道央道南では「焼いた肉に付ける」
という違いがありますが、遠野のジンギスカンも少々違いが有るようです。あまり甘くないタレに、焼いてから付けるのが主流だとか。
どのように違うか、一度食べ比べてみたい物ですね。

Leave a Reply