名刺の「色」の選びで迷ったことはありませんか?

名刺の「色」の選びのポイントは、紙の素材や質感と、名刺印刷の“色”です。

使用する紙の種類は、プレーンなビジネス用途のものからエコな雰囲気、オリジナル性の高い特殊な素材等です。

印刷する文字色によっても、名刺の雰囲気は変わり、

お勧め例は、企業イメージのコーポレートカラーを使用し、文字を濃いグレーにしたスタイリッシュなデザインです。

名刺の「色」の選び方には、2通りの考え方があります。

一つは、紙の素材や質感、色味としての“色”であり、もう一つは、名刺印刷の“色”となります。

どのようなシーンで使用するかにもよりますが、多くの場合、名刺はビジネス用途がほとんどであるため、紙の種類は多くの場合、「標準紙」「再生紙」「非木材紙(パルプ材以外)」「オリジナル素材(金属・ホログラム等特殊素材)」に分類されます。

印刷する文字の色やマークの色の選び方次第で、より洗練された印象を与えたり、企業イメージや理念のアピールやインパクトを与える効果が期待できます。

名刺をデザインする際の色選びに関して、企業を象徴するロゴに使用されている「コーポレートカラー」をメインカラーとし、文字の色は黒よりも濃いグレーを使用すると、落ち着いて洗練された印象に仕上がります。

黄色やピンク・蛍光色、派手な装飾は、名刺の文字情報の妨げとなるため、避けるかメイドを高くするように使用することが注意点です。

名刺印刷・名刺作成の【名刺21】